4月23日開催!行列を創れ!顧客感動(CE)を高める3ステップセールス術

・もっと顧客満足度を高めたい!
・お客様に愛される店を創りたい!
・お客様に選ばれ続ける店を創りたい!
・離職率を下げたい!
・集客コストを下げて利益率を改善したい!

と思っている経営者や店長には朗報です。

あなたの店や会社は順風満帆に繁盛していますか?

いやいやいや・・・汗

売上は高いけど、利益が少ない・・・
売上は高いけど、人材が不足している・・・

と、忙しさがボトルネックになっている方もいれば

売上も利益もない・・・
売上も低いし、スタッフも少なくて大変・・・
(オーナーも現場に出てなんとかしている)

と、忙しいのに全く儲かってない・・・という方はいらっしゃれば
ぜひ最後までお読み頂きたいです。

なぜ、ここ数年商売するのが極端に難しくなったのか?
理由は、お客様がそう簡単に来店・リピートしてくれなくなったからです。

単純に喜んでもらう、という満足度を高めるだけではこれまでのように
集客やファン化(定着)するのが難しくなりました。

なぜなら、どの企業(店舗)も顧客満足度を高めることに
着目をした店舗・組織運営をしているからです。
(もちろんまだまだな店が圧倒的に多いですが・汗)

顧客”満足”では店舗運営でリピート・紹介を量産するのは難しい!
時代となりました。

これまではサービスよりもプロダクトがすべてだったことと、
(一部の高級ホテル程度しかサービスに力をいれていなかった)
さらに、店や販売店の選択肢が少なかったため他店よりも
「感じが良い」という満足だけでリピート紹介が生まれていました。

現在は「雰囲気が良いのは当たり前」で、
ネットショップもライバル店も増えるばかりで
正直何をどうしたらいいかわからない・・・

という相談を受けることが増えています。

これは過去の延長線に未来が描けていない、ということですよね。

しかし、この悩みは一瞬で解決することができます。

それは自分の業界から視点をずらすことで解決できます。

私は仕事柄様々な業種の企業研修やコンサルティングを担当しているので
「えっそんなに悩むこと??できることしか溢れてないですよ!」

と言いたいほどできることが沢山あります!

そう思う反面・・・
そうかまだまだ業界を跨いだ情報が行き渡っていないんだな・・・と実感します。

そこで今回は未来に不安を抱えている店舗経営者や店長にぜひお越し頂いて
これから先何をすることで顧客満足を超えるCE(顧客感動)を
創り出すことができるのか?

CEを最大化することでファン化が実現できて、
顧客が完全にストックされていきます。

そんな夢のような方法を余すところなくお話します。

例えば
・ホームセンターの成功事例
・美容室の成功事例
・エステの成功事例
・自動車販売の成功事例
・釣り具店の成功事例
・理容室の成功事例
・家具販売の成功事例
・訪問販売の成功事例

から学び、自身の業界でCEに繋がるアイデアを生み出す、ということです。

顧客感動を創り出すことで新規集客にお金を使わなくて済むし、
売上・利益が安定します。

経営者も店長も安心して休日を過ごせる結果を実現することができます。

それを今回は3ステップで!

基本的に私のノウハウは企業内でとどまることがほとんどで外に出ません。

今回は私がクライアント先で成功事例を連発してきた「アイデア」の生み出し方
についてお話します。

私のクライアントからは「成田先生が店に来ると車輪眼(ナルトを知ってる人しかわからない・笑)になりますよね」
と言われることがあります。

明らかに目つきも行動も変わるのでみんな驚くようです。

私がいったい何を見て、何を変えて売上と利益を上げる、
さらには顧客満足にとどまらない「感動」を創造しているのか?

今回は3ステップに整理してお届けします。

ぜひご参加頂き、ご自身で店や組織を改革するキッカケをつかんでください。

【テーマ】行列を創れ!顧客感動(CE)を高める3ステップセールス術
【日時】4月23日(火)19時~20時半(18時半開場)
【場所】田町・品川近辺
【会費】一般5000円 サロン生3000円
【申し込みフォーム】



2019年4月23日公開セミナー申し込みフォーム
御名前  *
御社名  *
メールアドレス  *
懇親会参加可否  *

初公開!13年目の集大成!最強の店舗経営大全

こんにちは、成田直人です。
最強の店舗経営大全へようこそ。あなたは今、「このままでいいのだろうか」という漠然とした店舗経営に対する悩みをお持ちではありませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください