GYOZAMANIA天野さんとのコラボセミナー(録画見放題あり)

天野さんの話を聞いて改めて凄さを感じた3つのこと

昨日は天野さんとのコラボセミナーをオンラインサロンのメンバーを中心に20名限定で実施させて頂きました。

とてつもなく勉強になったの一言なのですが、私なりに昨日のセミナーを振り返って参加できなかった仲間やコラム読者の皆様のためにも昨日のセミナーの価値を少しでも伝えられたらと思います。

1)天野さんの高すぎるモチベーションの本当の理由

昨日のセミナーでも一番衝撃を受けたのは「バックドアを閉める」という天野さんの決断力です。

一部上場企業の役員で部下も責任も私では想像できないレベルの環境を捨てた後に「何をしよう」と考え抜いて単一業態である「GYOZAMANIA」をオープンしました。普通に考えたら「安心」と「挑戦」の板挟みにあってもコンフォートゾーンが邪魔をして結局多くの人は「安心」を選択するのではないかと思います。

それも天野さんのようにステータスも兼ね備えた役員の座を捨てるなんていうのは常人ではなかなか決めきれないのではないか。

思い切って質問した時に返ってきたのが「ワクワクしたらやりたくて仕方なくなる」とおっしゃっていました。先日の大嶋啓介のオンラインサロンでも同じようなことを話されていたので、ここでも共通点があるのか?と思いました。

最近私が勉強している箕輪編集室でも努力は熱狂に勝てないという名言があります。まさに天野さんは独立することに対して「熱狂状態」にあったということです。

ではこの「熱狂」できるものと出会うためにはどうしたらいいのか?

それは、自分を知ることだとお話されていました。自分を知ることとは「どういう時にワクワクするのか?」の過去の経験の棚卸しでわかるそうです。

・・・私自身も考えてみましたが、「追い込まれるとワクワクする」性分だなと改めて自己分析して、追い込まれる「環境」に身を置くことで何事もうまくいってきたし、それこそ達成してきたなと。

部活動もインターハイ常連校(環境)に入ったことで日々追い込まれながらもワクワクしていた過去、大学受験も偏差値40から明治大学を目指して部活の関係で4ヶ月間しか受験勉強できない環境にあったことで猛勉強できて無事受かった経験も日々ワクワクしていました。

お~なるほど。自分がワクワクした経験を振り返るか・・・これは素晴らしいので私も研修でパクらせてもらおう・・・笑 とメモしたのは内緒です。

自分の適性を見極めてワクワクできる環境は何か?を考えて「安心」タイプから「挑戦」タイプに変化させることができるのではないか。

天野さんはまさに自分がワクワクできる環境に自ら身を置いたことで今の大繁盛店があると話してくれました。

天野さんのワクワクポイントは

・一般的なセオリーとは真逆にワクワクする

・最初に一番ネガティブな場所からスタートするとワクワクする

・「餃子屋」なんて無理だよの一言にワクワクする

この字面だけ追ったらただの変態ですね・笑

結果的にこの環境に身を置いたことでワクワクが途切れることなく今も高いモチベーションが維持できているとのことでした。

それは私自身の経験でも言えるな・・・と。環境的にマイナス要因が多いと落ち込むこともありますが同時に「やるしかない!」となぜかワクワクしている自分がいます。

(やっぱり俺も変態なのか・・・笑)

Q どうしたら高いモチベーションを維持することができますか?

A 過去のワクワクした体験や経験を元に「どうしたら自分がワクワクするか」を考える

2)一部上場企業を辞めるという決断の裏になる勝算

この話は1にも通じるのですが、チャレンジを確実に成功させる勝算が天野さんにはあるなと話をしていて実感しました。

「常に最悪を想定している」と話をしていたのが印象的で「もし餃子がダメになったら?」「そしたら小籠包にする」で一同爆笑でした。常に最悪を想定することで、自分の中に安心感を生み出せるのも天野さんの素晴らしい思考パターンだなと。

誰だって何か新しいことをするのは不安だしやりたくてもできないものなのですが、「うまくいかなくて最悪な状態は?」と考えてみると死ぬわけではないし、何度でも這い上がることができるのが日本です。天野さんの話を聞けば聞くほど今の自分の悩みが小さすぎて笑えてきました・笑

常に最悪を想像するからこそ安心感がうまれる、この安心感こそが究極のリスクヘッジ

天野さんのビジネス戦略は、大手が模倣できない業態ということで餃子の単一業態(これはパクられる)に手間ひまをかけるという選択をして模倣されないビジネスモデルを構築しました。

天野さんのすごいところは「誰でもできること」のように話をしてくれること、今の仕事でも付加価値をつけるにはみんながやっていることにもう一手間二手間加えれば価値が倍増することを教えてくれます。

これは当社でも「ストレスフリー」という研修で話をするのですが、顧客が来店してから退店するまでの間に一切ストレスを与えない環境をつくることをストレスフリーと言います。これはマイナスをゼロにする工程です。しかし、これではもちろん不十分で、これに一手間二手加えることで小さな喜びが生まれます。この喜びが積み重なると信頼関係が生まれて感動へと繋がります。

独自の価値を生み出す秘訣は「既存のパターンに一手間二手間加えること」

結果的にライバルが少ない環境を作り出し現在の結果へと繋がっています。

もちろん中には+の想定外があったそうですが(ここでは言えない話)、ほとんどが想定通りだったそうです。

この頭の中で構築する力は常人ではないですね。この辺の話はセミナーだけではなく、

Himalaya FM 「成田直人の店舗経営2.0」にて天野さんにゲストで来て頂いた回に触れて頂いてるので合わせてお聞き頂くと良いかと思います。

【Himalara FM】

中国4億6千万人ダウンロードの最大手ネットラジオ局が日本に上陸。私もラジオのパーソナリティとして毎回ゲストを呼んで今後の小売・サービス・飲食業について議論を交わしています。ぜひお聞きください。(編集もプロにお願いするほどの力の入れっぷりです!)

詳細は画像もしくはこちらをクリックしてください。

今の餃子業態も3店舗までしか出店せず、○○マニアをこれからも発掘して出店していくとのこと。

チェーンにすると独自の価値が薄まるが、3店舗であれば価値が持続する、まさにその通りですね。店舗が少なければ少ないほど顧客にとってのプレミア感も増します。ある層には絶大に人気なブランドも国内では数店舗しかない、だから全国からファンが集まるという希少価値を武器に市場拡大しています。どれだけ売れても店舗はこれ以上増やさない、というこだわりがむしろファンの購買意欲を刺激しているわけです。

一昔前のコールドストーンやクリスピークリームもそうですよね。新宿の店なんか4時間待ちでも並んで買ってる人がいましたが、その後全国展開して衰退しましたよね。理由はとてもシンプル「飽きられた」わけです。

だから3店舗という店舗数も完璧過ぎる戦略なのです。

天野さんの頭の中には最初から勝てる勝算があったことも納得の話でした。

Q どうしたら人生における大きな決断をすることができますか?

A チャレンジした後の最悪の想定をすることで安心感(リスクヘッジ)が生まれる、(1のワクワクと合わせて)

3)リピート戦略はアップデートでリピーターを増やす

リピート戦略はこれからの店舗ビジネスにおいては欠かせない視点であることは間違いありません。

そして、天野さんのリピート戦略はこのコラムでもそうだし、私の研修でも伝えている「アップデート思考」と重なりました。

既存の手法に囚われていれば顧客に飽きられて徐々に顧客が減っていきます。これからの時代はますます減っていきます。

なぜなら「需要>供給」の量販時代(品切れしない、品揃えが価値)ではなく、「需要<供給」の顧客が選びたい放題の時代だからです。

顧客に選ばれる努力をしない企業や店舗は今後即座に廃業に追い込まれる時代になります。顧客は良い意味でワガママになります。このワガママについていけない企業は衰退します。すなわちそれは何を示すのかと言えば「アイデアの枯渇(顧客に飽きられる)」が店舗ビジネスを廃業に追い込むことを指し示します。

天野さんは特に競争の厳しい飲食業で何をアップデートするのか?というと「商品」だそうです。どうしたらもっとおいしい餃子になるのか!?を考えて考えて考え尽くすそうです。

新規顧客で席を満席にすることは考えずに、普段利用してくださっている大切なお客様が「今日も最高においしいね!」と言ってもらえるように商品開発に力を入れるとお話されていました。

もちろんこれは飲食に限るかもしれませんが、物販だったら接客でも良いし、POPだって、レイアウトだって言い訳です。

既存のやり方に縛られるのではなく、アップデートしていくことでファンに飽きられずに紹介が増えビジネスはますます安定していくのです。

天野さんのリピート戦略は今の時代にぴったり!

と、3つ学んだことを紹介しましたが、天野さんの話は現場・現実・現象がベースの話なのでリアルに感じられてあっという間に時間が過ぎました。本当に楽しかったし、学べることばかり!さらに天野さんの素晴らしいことは聞いてくださっているオンラインサロン生でもできるようなことを伝える姿勢です。

自分の経験だけを話して終わり、ではなくそれをしっかりと受講生の行動変容に繋げる配慮が素晴らしいの一言、勉強になりました!ありがとうございます!!

せっかくなので最後に・・・「スタッフのモチベーションアップ」について。

天野さんは写真からも伝わるかな・笑 とてつもなく温厚でほとんど怒ることがないそうです。それでスタッフのモチベーションを上げるためにどうしているのか?と質問が上がり出てきたのか「2ストライク1ボール」で話をするということでした。

2ストライク・・・良いところを二つ褒める

1ボール・・・指摘したいことを伝える(プロセスの細分化)

これを徹底することで2ストライクの良い点を探し始めてどんどんスタッフの良いところが見えて関係が改善・良好になるという話は目からうろこでしたね。

普段クライント(主に経営層)にキレまくっている私とは正反対!!すごいな・・・と。

これからクライアントに対してもっと良い面を見てコミュニケーションをとろうと決めました。

Q リピーターを増やすために具体的に何をしていますか?

A リピーターに飽きられないためのアップデートを重ねる

Q スタッフのモチベーションを上げるためにどうしますか?

A 2ストライク1ボールでコミュニケーションを重ねる

最後に

天野さん有り難うございます。次は2019年年初に一緒にセミナーをしてそのまま4店舗目の「○○マニア」で懇親会をしましょう!サロン生もさらにパワーアップした天野さんが見られると思うので負けじと成長していきましょう!

天野さんと私のコラボセミナーの録画見放題!は3240円です。ぜひお申し込みください!

どう考えて安すぎるセミナーです。学べることが活きた店舗経営・運営ノウハウなのですぐにあなたの会社の業績アップに繋がります。

たった3240円ですよ。元1部上場企業役員の話を聞ける機会はないのでぜひ!!!!!!

2018年9月12日公開セミナーお越しになれない方専用申し込みページ

毎月私のオンラインサロンではセミナーを実施しています。会員価格でセミナーも受講することができるのでぜひご入会ください!

現在小売・サービス・飲食業の前向きで勉強熱心な仲間が集まっています。あなたも一緒にこの輪にはいりませんか?一人でがんばるのはしんどいけど、一緒にがんばる仲間がいるとやりきることができます。あなたの目標達成に最も適した環境であることは間違いありません。入会をお待ちしております!

 

DMMオンラインサロン 成田直人超高収益店舗の創り方サロン 詳細はこちらをクリックしてください。


もう採用でも集客でも一切悩まない安定経営目指しませんか?

安心して眠れない日々・・・
実店舗経営が難しくなった今、
「あなたが学ぶべきことは何か?」
「あなたが実践するべきことは何か?」
少人数運営の店舗でも売上を倍増し、”採用も集客”も悩みしらずの安定経営を目指している経営者・店長は、ぜひ超高収益店舗の作り方メールマガジンにご登録ください。
私のクライアントのほとんどは昨対比120%前後で目標達成し続けています。
中には3年半で売上3倍、利益25倍の驚異の成果を出しています。
メルマガで紹介している方法を実践すれば必ず達成できます!

今なら完全無料で参加でき、78000円分の特典を受け取ることができます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください