10月度開催オンラインサロンセミナー「富士そば社長対談セミナー」

富士そば社長との対談セミナー動画視聴!

こんにちは成田直人です。

2018年10月度オンラインサロンセミナーのゲストは富士そば社長の丹社長でした。

 

 

DMMオンラインサロン 成田直人超高収益店舗の創り方サロン 詳細はこちらをクリックしてください。

セミナーにご参加頂いた皆様本当に有り難うございます。

・もっと売上を上げたい!でもどうしたらいいのか?
・新規出店を加速するためにはどうしたらいいのか?
・赤字で苦しい・・・打つ手は何があるか?
・店舗経営者として繁盛店を量産するには?
・二代目で気をつけるべきことは?また創業者(親)の土台を活かして拡大するには?
・店舗経営が行き詰まっている何をするべきなのか?
・店舗経営の攻めと守りのバランスは?

など、店舗経営で売上アップ、業績拡大を目指す方は必ず見て欲しい。

・理想的なビジネスキャリアを築くために必要な習慣とは?
・うまくいかない時期をどう乗り越えればいいのか?
・もっと自分を高めたい、どうすればいいのか?
・自分の店をもっと良い店にしたい!
・店長に必要な繁盛店の条件スキルとは?

130店舗以上の店舗経営をする丹社長ならではの店長やビジネスマンへの疑問に対しても答えて頂いています。

店舗経営者・店長・理想的なキャリアを築きたいビジネスパーソンにぜひご覧頂きたいです。

そもそもこの内容で3000円はあり得ないほど安すぎるのですが、ライブ映像そのままで一切編集をしていないためモニター価格で提供しています。

いつ新規募集を取りやめるかわからない(もしくは値上げ)ので今のうちにご視聴頂くことをオススメします。

成田直人オンラインサロン生の感想

丹社長
お話本当にありがとうございました!
勉強になった点は
1.成長の山はどこなのか、落ち目の底はどこなのかを理解しとくこと。
2.それに気づき、成功体験を増やす、また失敗体験にして気をつけるようすること。
3.落ち目、やばいなーと思った時に本質が見えてきて決断すること。

この三点は今の私にとても刺さりました。

私も玉乗りするようなドラッグストアの店舗経営を目指します。

ードラッグストア店長ー

 

丹社長
お話本当にありがとうございます!!

実体験を踏まえた全ての話が勉強になりました!
その中でもとくに勉強になった点は

1.インプットとアウトプットのバランス、タイミングを使い分けしているところ。

2.上手く行っていることは変えてはいけない。上手く行っていないところにメス入れをする。

3.結果と原因の法則について、その原因の本質を考えること。

4.人の成功体験と失敗体験は変わらないこと。

5.上手く行っているときと行ってない時の波を考える!

6.「玉乗りをするような経営」安定するように常に動いている

常に変化を恐れずに、出来る範囲でチャレンジをしていく。とても勉強になりました!インプットに力を入れすぎているところもあったのでそのバランスを調整します!

本当にありがとうございました!

ー携帯ショップマネージャーー

 

丹社長

昨日は貴重なお話を、聞かせて頂き、ありがとうございました。

心に響いたのは、特に出店戦略でした。

通常、今期、何店舗出店と、目標ありきの会社が、多い中、あくまで出店場所次第、という、戦略も凄いと感じました。

会社に体力がないと、永遠と出店し続けないと会社が回らなくなるお店も多い中驚きでした。

理想的な経営戦略と感じました。

また、安定経営のヒントを頂きました。

大学生の二人も、がぜん、やる気になったし、勉強になったとのコメントでした。

本当にありがとうございました。

ー結婚相談所オーナーー

 

丹社長
昨日は本当にありがとうございました!!
すごく勉強になりました!!特に、印象的だったのは意思決定の方法についてです。意思決定を左脳と右脳から行うことの重要性を噛み締めていました。

□意思決定の方法(抽象論)
論理や左脳的なものの見方は大切
→ただし、そこから培った勘も重要で、勘に従って意思決定しなきゃいけない時もある
→成功体験から成功のフレームワークが生まれる
→失敗体験から失敗のフレームワークが生まれる
→成功にもパターンがあるし、失敗にもパターンがある
*経験や情報に裏打ちされていない勘はダメ

□意思決定の方法(具体例)
優先順位:立地、味、接客
明確な基準がある
→何が大事なのか、自らのビジネスで当てはめて考えないといけない

またお会いできることを楽しみにしております。よろしくお願い致します。

ースタートアップ経営者ー

 

昨日は最幸の学びの機会を頂きお二人には感謝感動です。
丹社長からの教えは全て目から鱗でしたが、あえて一番感銘を受けたポイントは以下です。
テニスプレイヤーとして枠を突き破る思考を身に付け、且つイベント会社で師匠と共に創業の厳しさを身をもって体験したことが、二代目社長としての土台となっている点です。
恥ずかしながら私も高校大学とテニスを愛し楽しみましたが、そこまで夢中にならなかったためか、はたまた勝負に拘らなかったからか。丹社長の境地に至ることはなく、この年でスポーツの素晴らしさに気づかせていただきました。仕事にも共通する原理原則だと痛感し、今の仕事を更に昇華させるべく心境新たにさせて頂きました。
本当にありがとうございました。

ーメーカーES推進部 マネージャーー

 

丹社長、
貴重なお話、ありがとうございました!
最初のビジネス書での学び方や2代目がやりがちなことの話から、鳥肌ものの話で本当に興味深くお聞きしました。
早く文字にして、できるだけ多くの皆さんに読んで欲しいと思っています。もう、本にしたいです(笑)
私事で申し訳ないのですが、うちは元々自営業で父親が2代目でした(職人ですけどね)。事業を拡大し業績が伸びて行く中、自分は3年だけ社会人を経験して後を継げ、と言われていましたが、その3年目に色々あって会社は倒産。もう父も亡くなりましたが、いまだに自分にその影響が残っているくらい大変で(笑)
子供ながらに聞いていた創業者の祖父と父親の会話とかを思い出しました。お線香でもあげるかな。

ーメーカーCS推進 マネージャーー

 

丹社長、貴重なお時間いただきありがとうございました。

同じ飲食経営者として、目から鱗の連続でした。

出店計画の基準にしても、二代目にありがちなお話にしても、会社を存続させ従業員を安心させることは、経営者のして一番の使命であり、難しいことだと思います。

そこには全く軸がぶれていないことが理由であると。

懇親会も含めて、とても有意義な時間をありがとうございました。

ーラーメン店 店主ー

いかがでしょうか。

実際にセミナーに参加された方全員の満足度が100%です。

あなたが丹社長から学ぶべきたった一つの理由

飲食業界を代表する店舗経営者の話は超実践的である、話を聞くだけでも目から鱗の嵐

個人的には丹社長の話を聞いて自分自身のこれまでの仕事の仕方がどれだけ不十分だったか思い知らされました。

学ぶ時期・学ぶことを辞める時期があるという話は特に衝撃的で、毎日のようにビジネス書を読み続けていた私の習慣やパターンでは安易だったと実感しました。

もっと考えて考えて考え抜いて日々に行動選択をするべきだったし、ビジネス思考力を磨くべきだったなと。

どの業界でもトップになる企業はやっていることが他の企業とは全くと言っても違うほどずば抜けた思考と行動の違いがあります。

また、理論的ありながらも常にチャレンジをして沢山の失敗をしながら確実に成功していく富士そばのスタイルには脱帽しました。

失敗を確実に成功に変えるPDCA力をぜひあなたにも学んでもらいたいです。

今までの自分の仕事の仕方が間違っていたな・・・行動が間違っていたな・・・一流と言われる経営者の思考は尋常じゃないほど裏打ちされているんだな・・・と確実に拡大する企業の仕事術をあなたにも体得してもらいたいと思っています。

※FBのライブ配信にてお送りしているので、フェイスブック登録をされていない方は視聴することができません。
あらかじめご了承の上お申し込みください。

※配信はライブなので編集をしておりませんので、臨場感がありますが、途中映像の乱れが若干あります。
それよりもコンテンツ重視なので気にならない方のみお申し込みください。

【テーマ】富士そば社長による「繁盛店を量産するための店舗経営術」
【視聴権】3000円
【支払い方法】クレジットカードのみ VISA・MASTERカードのみ
【申し込みフォーム】



富士そば社長×成田直人対談オンラインセミナー申し込みフォーム
お名前
メールアドレス

 


もう採用でも集客でも一切悩まない安定経営目指しませんか?

安心して眠れない日々・・・
実店舗経営が難しくなった今、
「あなたが学ぶべきことは何か?」
「あなたが実践するべきことは何か?」
少人数運営の店舗でも売上を倍増し、”採用も集客”も悩みしらずの安定経営を目指している経営者・店長は、ぜひ超高収益店舗の作り方メールマガジンにご登録ください。
私のクライアントのほとんどは昨対比120%前後で目標達成し続けています。
中には3年半で売上3倍、利益25倍の驚異の成果を出しています。
メルマガで紹介している方法を実践すれば必ず達成できます!

今なら完全無料で参加でき、78000円分の特典を受け取ることができます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください