離職されたら困る!と、ビビる店長は、 根本から変わらなければならない

バイトの離職率が高くて困っている店長の末路

アルバイト・パートの離職率が高くて困っている店長は、一つ気づかなければいけないことがあります。

それは、すべてが間違っていた、ということ。

アルバイトに対する接し方も、仕事の教え方が間違ったのです。

アルバイトは時給や勤務地など外部要因(店長では一存できないこと)でやめることもありますが、多くのアルバイトは二つのことが理由で辞めます。

1)店長や他アルバイト・パートと合わない

2)仕事が向いていない(成功体験が少ない)

この二つです。

私も新人アルバイトで、そうそうに辞めそうになっている人と話をすると、たいていこの二つのどちらかに該当します。

その上で店長に伝えることを今日は紹介します。

と、その前にこれから紹介するアドバイスを無視するとどうなるのか。

成田直人
潰れますよ

しかし、困ったことに人材不足で困っている店長の多くは、自分は悪くないと思っています。

なぜなら、人手不足の大半の負担は店長が担っているため、「私が一番頑張っている」という状況から抜け出せずにいるからです。

つまり、自分は悪くない、悪いのは採用をしてくれない会社となり、ここまでがんばっている自分は偉いという被害者意識になっている、ということです。

この思い込みはとても強くてなかなか剥がすことができません。

当然変わることができなければ、店の雰囲気はますます悪くなり、売上も落ちていき潰れていくのです。

アルバイトの離職の2つの原因を根本解決する改革を起こせ!

まずはじめにコミュニケーションを見直すところから始めましょう。

多くアルバイトが店長との関係性がうまく構築できずに離職をしていきます。

アルバイトは立場も弱いため、店長に進言できずサイレントクレーム状態で離職を決意します。

表向きな「この仕事向いていないと思うんで・・・」と言いますが、内容は全くのデタラメ。

本音は、

バイト
アンタみたいな上司の下でやってられっかよ!コノヤロー

と思われている、ということです。

※ちょっとイラストとあっていないのと、過剰な表現ですが、リアルに伝わるかと思い。

このアルバイトからのサイレントクレームに気づけないと話は進みません。

私は離職率の高い店の立て直しで行く際に

成田直人
自己否定する勇気はありますか?

と先に断るケースが多いです。

店長ももちろん納得できれば、ということで了承していただきます。

そして、早速

成田直人
離職率が他店と比べると高いのですが、原因はなんだと思われますか?

と聞きます。

すると、

店長
わからないですね~(苦笑)

と最初はこんな感じから始まります。

ここからは特定をします。

成田直人
ではもうちょっと特定しましょうか。ご自身ですか?それとも会社?アルバイト本人ですか?

と聞きます。

ここで三者のいずれかにフォーカスを当てて話をします。

ここからはノウハウになるので、開示することはできません。

(※店舗再生のお手伝いをさせていただく企業様にはすべて開示しています)

結果的に、

店長
私にできることは何でしょうか。できることは精一杯やります。

と、自身に原因を特定し話を進めます。

※ここで進め方を間違えるとさらに会社に対して憎悪の気持ちが強くなるので進め方には細心の注意を払う必要があります。

お悩みでしたらいつでもお問合せください。

私は年間200人近くのこの手の店長と面談をしていますので。

経験値からもお力になれると思います。

お問合せ

まずはじめに手を入れなければいけないのは、アルバイトに対するコミュニケーションの取り方です。

離職の理由の大部分は店長やアルバイト同士の不和が原因になるため現在取っているコミュニケーションについて聞きます。

そして、改善策の提示をします。

ここではどんな改善策を提示するのか。

それは、「反応しない」ことです。

あなたは刺激反応理論をご存知でしょうか。

例えば一緒に働くアルバイトから風邪をひいて休みたいと言われたとします。(これが刺激です)

あなたは一言「それは無理だ。人が足りないんだから遅れてもいいから必ず来い」(反応です)

と即座に言い切ってしまうことです。

これではアルバイトは自身の意見を伝えることができず強制的に受け入れストレスが生まれます。

このストレスが積み重なることで「もう辞めたい」と180度変わってしまうのです。

私は店長に

成田直人
言われたことに反応する前に一呼吸必ずおいて状況を受け入れてください

例えばアルバイトに先述のことを言われたら

【一呼吸】

店長
お~それは大丈夫か?風邪か?

と労りましょう。

店長
いつも仕事に学校に頑張ってるから風邪でも引いたのか?

と寄り添う。

そうするとアルバイトの反応がストレスから「申し訳ない気持ち」が芽生えます。

反応すると、「休んだっていいだろ!権利なんだから!」と反発を生みそうですが、

一呼吸を置いて労わると「店長は店のことよりも私のことを大切にしてくれた」と受け止めます。

ストレスポイントではなく、サンクスポイントが1つ積み重ねます。

これで離職のリスクが下がるわけです。

取り組むのはこれだけです。

一呼吸おいてアルバイトが「大切にされている」と実感できるコミュニケーションを重ねることです。

そうすることでサンクスポイントはまた1つ積み重なり10ポイント、20ポイントと良い関係が築ければ、

スタッフ
店も人数少なくて店長が大変なのは誰よりもわかっているつもりなので、病院行ってOK出れば出社しま。

と、あなたにとって理想的な反応をしてくれるようになるのです。

反応せずに、寄り添い労わること、これがあなたが新たに始めなければいけないコミュニケーションです。

離職されてから「もっと優しくすればよかった」では遅いのです。

今からできることをして寄り添うようにしましょう。

二つ目の成功体験については・・・また今度お送りします!

楽しみにしていてください!

今日の学びであなたがするべきこと

・離職の原因は店長にあることを100%認めること
・離職の原因は接し方と成功体験にあることを知る
・アルバイトの一言に反応しない、一呼吸する
・労い・寄り添うことでサンクスポイントが積まれる

店長として、アルバイト・パートが辞めるのが困る!という方は、

ぜひこの本を読んでください。

おそらく悩みの95%は解決されるはずです。

もっと売上を上げたい!と思った方はぜひ超高収益メールマガジンに登録してください。

新・店舗革命 成田直人超高収益店舗の創り方メールマガジン

当社への店長・接客・販売研修・店舗コンサルティングのご依頼はこちらから!

FamilySmile公式HP

気軽に成田直人に経営相談・店舗運営相談したい!という方はサロンにご入会ください。

今なら2980円で参加することができます!

成田直人 超高収益店舗の創り方サロン入会

あわせて読んでいただきたい記事はこちらです!

経営者は店長や販売員(スタッフ)の生活を守ることだけが仕事ではない

離職が止まらない店舗の特徴と離職率低下のカギ


もう採用でも集客でも一切悩まない安定経営目指しませんか?

安心して眠れない日々・・・
実店舗経営が難しくなった今、
「あなたが学ぶべきことは何か?」
「あなたが実践するべきことは何か?」
少人数運営の店舗でも売上を倍増し、”採用も集客”も悩みしらずの安定経営を目指している経営者・店長は、ぜひ超高収益店舗の作り方メールマガジンにご登録ください。
私のクライアントのほとんどは昨対比120%前後で目標達成し続けています。
中には3年半で売上3倍、利益25倍の驚異の成果を出しています。
メルマガで紹介している方法を実践すれば必ず達成できます!

今なら完全無料で参加でき、78000円分の特典を受け取ることができます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください