店長向けセミナー「売れ続ける店と売れない店の違い」その⑥

店長研修前の全体セミナーで伝える「能力開発に時間とお金を使う」

自主性が組織に育まれてきたらここからがとっても大切、なぜなら能力開発は店舗運営においては欠かせない要素だからです。

先日九州を代表する美容室のスタッフさんと研修後ランチに行きました。その後一緒にビジネス書を探しに本屋さんへ。ちゃんと新品で・笑 ビジネス書を購入する姿を見て、「この会社はやっぱりこれからさらに伸びるな」と実感しました。組織風土とはとてもよく、みんな会社のためにがんばりたい!という熱意で満ちあふれているのがこの会社の特徴です。

だから、「先生どの本がいいですか?」「この著者知っていますか?」など本屋さんでも質問攻めに合ったのです。せっかく読むならすぐに仕事に活かしたい!という意欲に溢れた本選びになりました。(ただ誰も僕の本を買おうとしなかったのはなぜかな・笑)

なぜますますこの会社が成功する!と思ったのか?理由はとても明快です。なぜなら、他の会社のスタッフは同様に能力開発しているわけではないからです。以前店舗ビジネスは「仕組み」で売っているところがほとんどです。しかし、ここ数年ネットの影響もあり実店舗(小売・サービス問わず)経営は過渡期を迎え、「人材」で勝つ会社が増えてきました。

だから、気づいているところはどんどん成長しているので今後ますます二極化が進むことでしょう。

そこで一冊お勧めしたい本があります。まだ読み途中(実は、読みきるのがもったいなくて・・・なんていうか好きなドラマの最後はみたくないみたいな感じ!?)の本があって、この本に出てくるオンデーズの社長とCFOが本当に日々事業再生に本気で取り組む姿が書いてあるのですが、何より読んでいて感動したのが「スタッフありき」の事業再生だったこと、多くの企業はまずはコストカットから始めます。もちろん無駄は切り詰めることが大切ですが、人材は別だと思うんですよね。まさにそんな企業再生物語から人を中心に経営をしている本なのでzへい読んでみてください!

本当に素晴らしい本です。読み進めるのがもったいなくて、すでに半分までを二回読んでしまいました。(おかげで、手ぶらで飛行機を降りてしまいまた元に戻るという・・・)

と、話を戻しますが、これからの時代は人材で勝つのがスタンダードになると読んでいます。とってもシンプルで、商品やサービスでの差別化がとても難しくなるからです。

「何を買うか?」よりも「どこで」「誰から」買うかが重要

になることは間違いありません。実際にインスタグラムでファンが1500人以上いる人は企業面接が免除で固定給+5万円となるほど個人に注目されるようになりました。これは私が販売員だった頃には考えられないことだなと振り返ってみると今がうらやましくも思います。

売れる人、売れる店は自店・個人のブランディングが重要だからこそ積極的な情報発信が必要となります。今の時代は昔と違って情報が爆発しているためすぐに埋もれてしまいます。ということは、いつまでも気づいてもらえない、ということです。

気づかれない=存在しない

ということでありいつまでも売れるようにはなりません。いかに気づいてもらえるか、興味関心を持ってもらえるか、今までは待ちの営業でよかった店舗ビジネスも自分達からいかに攻めるか?が重要になったと私は店舗に立っていて実感しています。

売上を上げるために必要なのは差別化よりも「独自化」です。どうしたら独自の価値を提供できるのか?一部の売れる会社・店は気づいている、それは模倣されない人材であると。あなたの会社hは人材に自信がありますか?

個々が情報発信することで組織とレバレッジが生まれて集客・ブランディング・リピート・紹介に繋がります。この感覚についてこれないのだとしたら結構やばいですよ。

個人がブランドになり、個人の集合体で独自の価値を作り上げる方法とは

それこそが能力開発なのです。能力開発を通して個人がブランドになることが可能です。離職されたらどうするのか?とたまに聞いてくる人いるけど・・・それでいいじゃない。

優秀な人材が離職する理由は二つあります。

①会社が終わってる

②キャリアアップ

前者は救いようがありません(当社に研修依頼きてほしいです)が、後者に関しては口コミが生まれてむしろ採用力が強化されます。特に今はSNSがあるので、勤務最終日に「この会社にすごい感謝してる。また必ず店に遊びにいきます!」とツイートをしたとしましょう。こういったツイートは自然とリツイートされてどんどん企業ブランディングに繋がります。

「あの会社にいけば成長できる!」とかつての私の就職活動時代のリクルートみたいなブランディングがどの企業でもできる時代になりました。

能力を高めることに時間とお金を使うのが普通の文化に組織が成長すれば最強です。これからの時代しばらくは圧倒的な人材力で地域市場を確実に席巻することができるでしょう。

売上を上げ続けるためには組織が成長し続ける必要があります。そのためにも研修の機会を創るのはもちろんのこと、企業文化として根ざすことができたら間違いなく今以上に会社経営は楽になるでしょう。

やっぱりこれからは実店舗のスタッフが主役になる時代だ!

次回は、どうやって最速で成長できるのか?」についてお話をします。どうぞお楽しみに。

店長向けセミナー「売れ続ける店と売れない店の違い」その①

店長向けセミナー「売れ続ける店と売れない店の違い」その②

店長向けセミナー「売れ続ける店と売れない店の違い」その③

店長向けセミナー「売れ続ける店と売れない店の違い」その④

店長向けセミナー「売れ続ける店と売れない店の違い」その⑤

 

関連記事はこちら

店舗内での店長によるOJTは短時間で大きな成果を狙う

指導は常にシンプルでわかりやすいが大切

辞めない!スタッフとの絆を育む3ステップとは

 


初公開!13年目の集大成!最強の店舗経営大全

こんにちは、成田直人です。
最強の店舗経営大全へようこそ。あなたは今、「このままでいいのだろうか」という漠然とした店舗経営に対する悩みをお持ちではありませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください