店舗内のミーティングをするときに絶対に外してはいけない3つのルール

店舗ミーティングはいつも話す人が同じでは意味がない

店舗内で、

・スタッフ同士がどうしたらもっと良いお店になるのか

・新しい商品が出たらどうやって売るか

・ハロウィンはどんな企画にするか?

と言ったテーマを持ったミーティングは各店行っていると思います。

しかし、多くの店でこのミーティングが最適化されていないのも事実です。

いつも話す人は同じ、という店がほとんどと言ってもよいのではないでしょうか。

もっと具体的に言うと、聞き役に徹するスタッフ、意見を言わず同調するスタッフ、話し続けるリーダー格のスタッフ、

という構図はどこの店にもあるのではないか。

コンサルティング時でもチームミーティング時に、話す人が決まっている場合はやり方を大きく変えます。

ミーティングルール① 満遍なく意見を引き出す

私のやり方はグループメンバーを集めて、円の形になってもらいます。

やわらかいボールを用意して、私が最初に持ち、

成田直人
今回のテーマは、ハロウィンの企画作りです。Aさんはこのミーティングまでにどんな規格を検討されましたか?

と、ボールを投げます。

受け取ったAさんは、

A
そうですね。今回の企画は・・・

と説明をしていただきます。話終われば

A
じゃあ次はBさん!

とAさんはBさんにボールを投げます。

B
はい、ありがとうございます。私の企画は・・・

と続けていきます。

そして、Bさんが投げた相手(仮にC)に対して私は、

成田直人
Aさん、Bさんの企画どっちがいいと思いますか?また両者の良いところをとった企画でもいいですよ

と展開をしていきます。

誰も話さない、ということがないように工夫して会議は進めるべきです。

ミーティングルール② 「それやって意味あるの?」は言わない

上司と部下の関係上厳しく企画をジャッジする必要があるのか知らないが、頭ごなしに企画を否定する店長が多い事が残念だ。

店長
そんなことやって意味あるの?

このフレーズ多いですね、個人的な体感として。

自身の感覚がもちろんスタッフよりも優れているのはわかっています。

しかし、店は一人で運営しているわけではなくスタッフと一緒に運営しています。

意外とスタッフの言った意見が的を得ていて他のスタッフが賛同しても、

店長
それって現実的?誰が予算を本部に申請するの?準備にどれだけ時間がかかるの?

と、協力体制を取らずに企画をつぶそうとする店長もいます。

スタッフに下克上されて自身の求心力がなくなるのが怖いのでしょう。

成田直人
ちっちゃいな~

と、むきになる店長を見ていつも思います。

もちろんこの場は私が介入しおさめるのですが、多くの店舗ではこの状態が野放しになっています。

店長が主体だからこそ、どうしても店の企画が店長好みになってしまいます。

バラエティーに乏しい(似たような企画)ので、お客様も飽きてしまうという悪循環にハマることが多いです。

ミーティングルール③ 頷きながら話を聞く

ミーティングに人の話の聞き方がわからないスタッフは多いです。

特に朝の時間帯だと眠そうな顔をして人の話を無表情で聞いています。

これでは話し手も辛くなるし、話すことにモチベーションは湧いてきません。

次第にミーティングに参加するのも苦痛になります。

ではこの悪環境を変えるにはどうしたらいいのか?

それは、傾聴姿勢を学ぶことです。

これがとても大切。

成田直人
講演の仕事もでも実感します。無表情で聞かれると結構きついので、皆さんが僕の講演を聴くときはニコニコしながら聞いてくださいね・汗

これは接客でも同様です。

お客様の要望に応えるためにもしっかりとお客様の声に耳を傾けますよね。

接客もチームコミュニケーションも同じです。

相手の顔を見て頷きながら話を聞くようにしましょう。

以上です。

ぜひ3つのルールを守りながらチームミーティングに役立ててください。

そうすることで今よりもミーティングの価値が高まるし、チーム内の人間関係も良好になります。

お互いが尊重し合い、一緒によい店を作るパートナーとして捉えて、

個々の意見を店長は引き出し、寄り添い支援してください。

スタッフは自分のことをもっとわかってもらいたいし、見てもらいたいと思っています。

例え遠慮しているように見えてもみんな自分の意見を持っているものです。

引き出し支援する縁の下の力持ち型店長へと成長していきましょう。

今日の学びであなたがするべきこと

・話す人、聞く人が固定化しないように店長は満遍なく意見を引き出す
・スタッフの出した意見をすぐに否定しない
・傾聴姿勢でお互いの意見を聞き合う文化を構築すること

もっと学びたい!という勉強熱心や経営者や店長はぜひ私のメールマガジンにご登録ください。

成田直人 新・店舗革命「超高収益店舗の創り方」メールマガジン登録はこちらをクリックしてください。

また、一方通行なやりとりではなく双方向に相談したい!という方はサロンにお越しください。

DMMオンラインサロン 成田直人 超高収益店舗の創り方サロン入会はこちらをクリックしてください。

直接成田直人を会社に呼んで店長研修・店舗コンサルティングを通して超高収益店舗を作りたい!

さらには全体的にスタッフ・店長のレベルを上げるスタッフ研修をしたい!という方は、

FamilySmileのHPよりお問合わせください。

あわせて読んでいただきたい記事は、こちらです。

スタッフを3階層に分けるだけで売上が上がる

店長育成のカギはマネージャーの輪店と外部研修にあり


もう採用でも集客でも一切悩まない安定経営目指しませんか?

安心して眠れない日々・・・
実店舗経営が難しくなった今、
「あなたが学ぶべきことは何か?」
「あなたが実践するべきことは何か?」
少人数運営の店舗でも売上を倍増し、”採用も集客”も悩みしらずの安定経営を目指している経営者・店長は、ぜひ超高収益店舗の作り方メールマガジンにご登録ください。
私のクライアントのほとんどは昨対比120%前後で目標達成し続けています。
中には3年半で売上3倍、利益25倍の驚異の成果を出しています。
メルマガで紹介している方法を実践すれば必ず達成できます!

今なら完全無料で参加でき、78000円分の特典を受け取ることができます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください