店長育成を始める前に店舗がやらなければいけないこととは?

店長育成プログラムを始める前にやるべきことは?

あなたの会社が店長研修をなぜ始める必要があるのか?その理由はとても明快です。店長教育をしなければこれから先の店舗経営は苦境を迎えることが目に見えているからです。

当社クライアント先で先日こんなことがありました。

売上を上げることに対するモチベーションが湧きません・・・という店長の本音でした。なぜこのような状況になってしまったのか?

詳しくはまだ私も担当して2ヶ月なので憶測でもあるのですが、会社が店長を大切にしているという姿勢が足りないのではないかと思っています。

そういう意味では店長育成をする前にやるべきことがあったのかなと。

「なんで会社はいつも物事を勝手に決めるんだよ。なんだよ、研修って。それよりも研修に参加している時間があるなら休みくれよ・・・」

と会社からの褒美に飢えていると言えばわかりやすいでしょうか。自分たちばかり犠牲になっていて自分には何もリターンがないじゃないかという状況でした。

とはいえ私も担当させていただく以上はうまく受講生のモチベーションを作り出して現在も研修は順調に進んでいます。

しかし、やり方をまちがえると不満ばかり感じられてしまいせっかくの店長育成の効果が半減してしまう可能性があります。

店長育成を実施するために必要な要素としては最低限の従業員満足度が必要になります。

店長教育はじめ新しい施策は何事も現場の理解があってこそ始めるべき

店長教育は特に現場からの理解が得られないうちに始めてしまうと結構大変です。もちろん私もプロとしてこの仕事をしているのでしっかりと現場に合わせた店長研修を実施することができます。

しかし、これを社内講師を立ててやるとなると話は別です。店長教育をする前に本部のお偉いさんを教育するべきと言われたことがあるくらい拒絶反応が起こるリスクがあります。

これではせっかく社内で立てた店長研修講師の価値が半減するどころが不満が生まれることになるでしょう。

これを防ぐためにはどうしたらいいのか?まずは店長陣の要望を聞くことから始まります。

「どんな職場だったらもっと前向きに働けると思う?」

とこんな単純な質問で構いません。店長教育をスタートする前に一度この質問をしてみると良いでしょう。

きっといろんな要望を言ってくると思います。もちろん今すぐ応えられることもあれば「今すぐは無理」という内容もあるでしょう。それで良いのです。

大切なのは・・・耳を傾けるということ。

従業員満足度のベースは「承認」です。

給料や休みもとてつもなく大切ですが何より大切なのは日頃のコミュニケーションに承認を重ねることだと私は思っています。

なんかこんなこと書くと「コンサルの言い草」って前にツイッターでコメントもらいましたが、うちのクライアント見てみろよ!と言ってやりたいな・笑

超現場主義のコンテンツをこれからも配信していくのでぜひ信じてついてきてもらいたいなと思っています。

会社を好きになることで店長教育の価値は100倍になる

以前クライアントの社長から「もっと会社に感謝させるように導いてもらえますか?」と言われて喧嘩になったことがあります。

自分でやれよ!って話じゃないですか。客観的な視点でどれだけ恵まれているかのアシストくらいならできますが、すべて放棄して私に任せるのはおかしいと伝えました。

双方の信頼関係が学習の場の価値を高めることに繋がります。店長教育の仕事をしていて成功法則は「一緒に受講する」です。

そう、社長も幹部も現場もみんな一緒に。

当社クライアントの多くは現場と役員が一緒になって学んでいます。この姿勢はかなり共通していてざっくばらんに意見交換されていて話が早い。

例えば店長研修で発案されたアイデアを実施するかどうか?となった際にその場に役員や社長・幹部がいれば即断即決即行で実現できます。

このリアルタイムにバンバン施策が決まることも大きな価値と言えるでしょう。私のラインには毎日のようにクライアントの実践報告が届きますが、素晴らしいの一言です。

やるべきことをやっている企業や店舗は確実に売上が上がっているし、成長しています。

「どうしたらもっと会社を好きになってもらえるのか?」

このことについて真剣に考えたことがありますか?それよりも毎日働く場を用意してあげてるし、給料だって払ってあげてるじゃないか・・・なんて思っていませんよね?

してあげてる・・・という思考からは双方の歩み寄りはありません。働いてくれていることに感謝する体質が上層部になければ従業員はどんどんやめてしまう時代です。

なぜなら、働く場はいくらでもあるからです。

店長教育を今導入しようか迷っているのだとしたらぜひ一度私に現場を見させてください。その上で貴社が今何をするべきなのか?を提示します。これまで12年間専門職として店舗改革の場に立ち会ってきました。

貴社の現場を理解すれば何をすれば繁盛するかは必ず提案することができると思っています。ぜひ問い合わせをください。

いつでもお待ちしております。

 

関連記事はこちら

http://tenpouriageup.com/tenpo-colum/2404
http://tenpouriageup.com/tenpo-colum/2400
http://tenpouriageup.com/tenpo-colum/2396
http://tenpouriageup.com/tenpo-colum/2321

初公開!13年目の集大成!最強の店舗経営大全

こんにちは、成田直人です。
最強の店舗経営大全へようこそ。あなたは今、「このままでいいのだろうか」という漠然とした店舗経営に対する悩みをお持ちではありませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください