店長研修を導入するべき企業の課題とは

店長研修を必要する企業の一番の特徴は?

店長研修を必要とする企業の特徴で筆頭に上がるのは・・・(大事なお知らせが二つあるので最後までお読みください)

昨対割れしている企業です。

これは間違いなく必要と言えるでしょう。

なぜなら、昨対割れしている、ということは単純に利益が落ちているだけではなく、従業員のモチベーションも著しく低下しているからです。

成功体験や顧客への貢献がモチベーションを作る燃料となります。

しかし、売上がだだ下がりの状況だと成功体験も得られないし、顧客も減っていく一方で仕事のやりがいが全く感じられなくなります。

人手不足の企業の多くが業績不振である事実も見逃せません。

特にアパレル業は人手不足の典型と言われていますが、全国のチェーン店のほとんどが昨対割れしています。

商品が売れない=店長の機嫌が悪い

やりがいがない=離職率が上がる

一手不足=一人当たりの負荷増

とこうして悪循環が続きます。

このスパイラルに一度はまるとどこから手をつけたらいいのかわからなくなります。

どこから手をつければ一番効率良く、短時間で店舗を黒字(昨対比120%)を超えられるのか。

私には答えがあります。

それが店長研修なのです。

これには根拠があります。

店舗は客観的に見て努力が足りない

店舗コンサルティングに行くと、いつも同じ感想を得ます。

成田直人
まだまだ売上が上がるな

と、ものの数分店内にいればわかります。

もちろんそれだけの知恵を身につけるために独立して10年やってきたのですから当然と言えば当然です。

しかし、この前提がありながらも「まだまだ努力が足りない」と思わざるを得ないのです。

理由は、待ちの営業にすっかり慣れきっているからです。

お客様が来店するまで何の準備もせず作業に追われている、という現状です。

お客様が数多くある選択肢の中から入る店を決めて入店します。

私は今このコラムをいつものカフェで書いていますが、近くに靴屋があるのですが一度も入ったことがありません。

なぜなら、店員は一人でレジの前に立ち何か作業をしていて、

店長
お客様!うちの靴屋は品揃え価格共に地域一番なんでお願いですから入店してください!!

という気概は一ミリも感じません。

これはABCマート時代にたたき込まれたものでもあるのですが、絶対に待ちぼうけにはなるな!という指導でした。

手が空いたら作業をしながら声を出すのは当たり前だったし、店内に一人もお客様がいなければ外に出て声出しをしていました。

ぼーっとしてたら怒られます。

店内に活気を作るのは販売員だ!と教わったのでとにかく店頭で創意工夫をしながら働いていました。

これが1000店舗への原動力と考えると、他の店舗は何をしているんだろう・・・って感じです。

特に目の前の靴屋の店主はやる気が感じられないのです。

店長
あ~暇で退屈だな・・・この靴はまだ認知度が低いから売れないよな~

とぼやいているんじゃないかというくらい店の外にいても雰囲気の悪さを感じます・笑

東京にいるときは毎日のように原稿やコラム、メルマガをかきに来ているカフェです。

息抜きに店に入ってもいいよな~と思うのですが全く入る気がしない。

ちなみに何回か店も変わっているのですが、どのブランドが入っているときも同じようにすぐに潰れていきます。

もしかしたら場所が悪いのかもしれない・・・としたら今までのブランド店がやっていた運営スタイルから違うスタイルを取り入れないとダメだなとか、工夫をするべきだと思うんです。

雇われ店長意識だからなのか毎日同じことの繰り返しに見えます。

でもきっと私のクライアントの店長がこの店舗に異動したら少なくともこの店長よりは数字を出すでしょうね。

それくらい店長次第で売上も従業員の定着率も大きく変わります。

それも圧倒的に低コストで会社を激減させることができます。

当社クライアントも私が入って年間数百万の投資で3~10億ほど売上を上げている企業があります。

それだけ店長は重要である、ということです。

店長研修を実施することで会社は変わる

店長研修は今すぐ売上を改善したい、従業員の定着率を上げたい!

というニーズを持っている社長にはぜひ実施をしてもらいたいと思っています。

店長とは言え、専門的な指導を受けたことがある店長は販売員と比べたら多いですが、他業界のマネージャークラスと比べたら圧倒的に少ないです。

さらに、我流で日々の運営をし、思うような結果が出ないと会社の責任にされるリスクも高まります。

やはり適切な店長育成に繋がる店長研修は必ず実施するべきだと思っています。

これまでは以前記事でも説明しましたが、(↓ご覧になったことがなければすぐに見てください)

10年前は必要なかった店長育成が今欠かせないモノとなった理由とは

これからの時代はどこでもなんでも買える時代だからこそ、「人」で差別化することが必須となります。

右から左に商品を売っても過去最高益が出た時代は遠い昔の話です。

ネットショッピングや近隣のライバル店舗は価格面でどんどん競争をあおってきます。

この競争(レッドオーシャン)の中で巻き込まれると絶対に潰れます。

大手の資本を舐めてはいけません。

従業員にフォーカスを当てて、仕組み(オペレーション)で売るのではなく、付加価値をつけて販売するマーケット(ブルーオーシャン)で勝負するべきです。

そうすることでこれからの時代もオンリーワンの存在で地域で愛される店を作ることができます。

この土台を作ることができるのは社長ではなく、店長です。

だからこそ、店長研修が必要なのです。

ぜひご検討ください。

FamilySmileの店長研修への問い合わせはこちら

追伸 1

新・店舗革命のメールマガジンを作成しました。

30日間お送りするメールマガジンを購読すればあなたの店もすぐに超高収益店舗になるためのエッセンスを手に入れることができます。

さらに、今なら100名限定で70000円以上の特典をプレゼント!

新・店舗革命メールマガジンの登録はこちらから

追伸 2

有料会員組織(新・店舗革命サロン)をオープンしました。

普段は企業研修でスケジュールの98%が埋まります。

そのため読者の皆様との接点を持つことができませんでした。

また、1時間10万円以上のフィーをクライアントは支払い私のアドバイスを受けています。

そこで今回月2980円(限定50名まで)で私が主宰する経営サロンにあなたに参加して欲しいのです。

直接私がアドバイスもしますし、サロン生同士で切磋琢磨するコミュニティです。

人数が増えたら地方視察や海外視察も考えています。

一緒に成長していきましょう。ぜひご参加ください。

DMM.com 新・店舗革命 超高収益店舗の創り方 サロン参加はこちらをクリックしてください

あわせてお読みいただきたい記事はこちらです!

店長研修を外注することが得策である理由

店長研修を実施する際に私が一番気を付けていること

店長育成は数か月ではなく1~3年でプログラム化することが重要


もう採用でも集客でも一切悩まない安定経営目指しませんか?

安心して眠れない日々・・・
実店舗経営が難しくなった今、
「あなたが学ぶべきことは何か?」
「あなたが実践するべきことは何か?」
少人数運営の店舗でも売上を倍増し、”採用も集客”も悩みしらずの安定経営を目指している経営者・店長は、ぜひ超高収益店舗の作り方メールマガジンにご登録ください。
私のクライアントのほとんどは昨対比120%前後で目標達成し続けています。
中には3年半で売上3倍、利益25倍の驚異の成果を出しています。
メルマガで紹介している方法を実践すれば必ず達成できます!

今なら完全無料で参加でき、78000円分の特典を受け取ることができます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください